あすとみらい株式会社 > あすとみらい株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 調整区域の土地:隠れた難しさと価値

調整区域の土地:隠れた難しさと価値

こんにちは

あすとみらい株式会社社長の武良です。

今回は調整区域の土地:隠れた難しさと価値についてお話します。

まず調整区域の土地と聞くと、多くの方が手頃な価格で簡単に手に入れられるような印象を持たれがちです。しかし、実際にはその裏に潜む大変さやリスクが存在します。今回のブログでは、調整区域の土地の取得における注意点や認識すべき難しさについて掘り下げていきます。

セクション1: 市街化区域と市街化調整区域(「調整区域」)

都市計画区域の中で大きくは市街化区域と市街化調整区域に分かれます。

市街化区域は簡単に言うと家などを建ててよい土地※さらに用途地域により建てられる分類あり

調整区域は原則家などは建てることができず、要件を満たした人や、その地域に必要とされる業種に限って建てらることができる土地。例えば美容室や日用品販売店など。※またさらに詳しいルールあり

セクション2:調整区域の土地のメリットとデメリット

  • メリット

    • 手頃な価格で入手できる可能性が高い。
    • 道路がついたり地区計画によって調整区域が外れれば投資のポテンシャルがある。
  • デメリット

    • 土地の調整が必要で、追加の手間と費用がかかる可能性がある。
    • 現地の法的な規制や制約がある場合があり、注意が必要。
    • 調整区域で農地となれば都市計画法と農地法(場合によっては農業振興地域に関する法律も加わる)とハードルが複数。

セクション3: 地元コミュニティとの調整

  • 地元住民との調整が不可欠な場合がある。
  • 地元の文化や環境への配慮が必要。
  • 特に隣地が農地であると被害防除計画など必要。

セクション3: 法的な課題への対処

  • 土地の法的な権利や所有権の確認が必要。
  • 現地の法規制や変更が投資に影響を与える可能性がある。

セクション4: 専門家の助言とサポートの重要性

  • 不動産専門家などのアドバイスを受けることが肝要。
  • プロのサポートなしには見落としがちなポイントがある。

結論: 調整区域の土地を購入する際には、価格だけでなく、地域社会との調整や法的な問題にも十分な注意が必要です。安く手に入れることができる反面、それには様々な困難が伴うことを理解し、専門家の助言を受けることで、成功する可能性が高まります。

せっかく安く買えたのに家が建てられないなどの落とし穴に落ちないよう、不動産専門家にご相談ください。


素敵な不動産に出会えますように!


≪ 前へ|12月になりました   記事一覧   ランニング♪|次へ ≫

 おすすめ物件


西伯郡南部町天萬 売物件

西伯郡南部町天萬 売物件の画像

価格
700万円
種別
店付住宅
住所
鳥取県西伯郡南部町天萬350番3
交通
岸本駅
徒歩62分

エバーグリーン皆生

エバーグリーン皆生の画像

価格
400万円
種別
中古マンション
住所
鳥取県米子市皆生温泉4丁目
交通
後藤駅
徒歩51分

西伯郡日吉津村日吉津 店舗

西伯郡日吉津村日吉津 店舗の画像

価格
3,500万円
種別
店舗
住所
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津
交通
伯耆大山駅
徒歩31分

米子市上福原2丁目 借家

米子市上福原2丁目 借家の画像

賃料
9.8万円
種別
一戸建て
住所
鳥取県米子市上福原2丁目17-5
交通
東山公園駅
徒歩28分

トップへ戻る

米子市の不動産情報やリノベーション・売却は
あすとみらい株式会社

鳥取県米子市米原4丁目4番11号 あすとみらいビル 1階

TEL: 0859-57-5048

FAX: 0859-57-7482

Copyright(c) あすとみらい株式会社 All Rights Reserved.